病院サイトへclick
研究所

がんの早期診断に有効なマーカーの検索、また化学療法や免疫療法、放射線療法などに抵抗性のがんも含めた新たな治療法の開発を行います。いずれも高度な基礎研究から臨床応用へと発展させることにより府民の健康と、ひいては我が国、世界のがん患者への貢献を目指します。

臨床研究
管理センター

当センターの基本方針のひとつである「先進医療の開発と実践」を実現するために、企業主導および医師主導の開発治験を推進し、当センター独自の臨床研究の支援を行っています。また2018年からは、認定臨床研究審査委員会を置き、センター内外の特定臨床研究の審査も実施しています。

次世代がん医療
開発センター

患者さんの生体試料などの収集や提供(Cancer Cell Portがんバンク)、治験や臨床研究にかかる支援や外部との共同研究の誘致などの支援活動を通じて、病院や研究所との架け橋となり、基礎研究や臨床研究の推進・普及のために活動しています。

がん対策センター

1962年から継続している大阪府がん登録を基盤に、大阪府がん対策推進計画など、科学的根拠に基づくがん対策の立案および進捗管理で大阪府と協働することに加え、病院や研究所等とともに大阪国際がんセンターを構成する柱の一つとして、その理念の実践に取り組んでいます。

Cancer Cell Portがんバンクについてのお知らせ

この度、当センターは次世代がん医療開発センターサイトに「Cancer Cell Portがんバンク」のページを新設しました。

 

「Cancer Cell Portがんバンク」とは、次世代がん医療開発センターの業務の一つである「患者さんの生体試料等の収集・提供」を通じた医学研究の推進・普及を実現するための取り組みです。

 

具体的には、
①「希少がん」の前向き収集
② 他機関から提供依頼のある検体の収集
③ 院内の先生方が実施する臨床研究に必要な検体の収集
を中心に活動しています。

 

がんバンクに提供可能な検体は、診療科の現場に合わせた方法で収集を行い、液体窒素タンク(細胞保管室)または超低温(-80℃)フリーザー(冷凍庫室)で保管します。また、特別な前処理(ホルマリン固定等)や保管方法(冷蔵保管等)を希望される場合も対応を検討します。保管した検体を使用する際は、規定に定められた手続き(がんバンクからの試料提供の届出書類と研究計画書等の提出)を踏むことで研究に活用できます。

 

当センター内の方々の協力によって、保管試料数も徐々に増加しております。今後はホームページを通じて「Cancer Cell Portがんバンク」の取り組みを一般の方々や当センター内外の研究者へ発信し、生体試料の収集や利活用の促進につなげていきます。

 

Cancer Cell Portホームページはこちら

 

問合せメールアドレス:cancer_cell_port@oici.jp
担当:吉田 恵一(次世代がん医療開発センター 副センター長)、齋藤 和音(次世代がん医療開発センター 技術補助員)

関連サイト

  • 病院サイトへ
  • 交通アクセス
総合受付06-6945-1181 月曜日~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時30分