病院サイトへclick
研究所

がんの早期診断に有効なマーカーの検索、また化学療法や免疫療法、放射線療法などに抵抗性のがんも含めた新たな治療法の開発を行います。いずれも高度な基礎研究から臨床応用へと発展させることにより府民の健康と、ひいては我が国、世界のがん患者への貢献を目指します。

臨床研究
管理センター

当センターの基本方針のひとつである「先進医療の開発と実践」を実現するために、企業主導および医師主導の開発治験を推進し、当センター独自の臨床研究の支援を行っています。また2018年からは、認定臨床研究審査委員会を置き、センター内外の特定臨床研究の審査も実施しています。

次世代がん医療
開発センター

患者さんの生体試料などの収集や提供(Cancer Cell Portがんバンク)、治験や臨床研究にかかる支援や外部との共同研究の誘致などの支援活動を通じて、病院や研究所との架け橋となり、基礎研究や臨床研究の推進・普及のために活動しています。

がん対策センター

1962年から継続している大阪府がん登録を基盤に、大阪府がん対策推進計画など、科学的根拠に基づくがん対策の立案および進捗管理で大阪府と協働することに加え、病院や研究所等とともに大阪国際がんセンターを構成する柱の一つとして、その理念の実践に取り組んでいます。

大阪国際がんセンターとルネサンスが「がん専門運動指導士」の養成・認定事業を開始

Press Release

2021年4月23日

 

大阪国際がんセンターとルネサンスが

「がん専門運動指導士」の養成・認定事業を開始

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪国際がんセンターおよび株式会社ルネサンスは、この度、がんの医療内容をよく理解し、がん患者のニーズに応じ運動機能を高めることで日常生活のQOL(生活の質)向上に資する指導者を広く社会に輩出するため、運動指導者を対象とした「がん専門運動指導士」を養成し、併せて資格認定事業を行います。

 本資格は、がんの病態や治療に関する基礎知識に加えて、患者の苦痛や悩みをよく理解した上で、がん患者のQOL向上に必要な運動の知識・技術を習得するもので、大阪国際がんセンターが監修したカリキュラムに基づきルネサンスが養成と認定を担い、本年6月27日から事業を開始します。

記者会見にて 左から 大阪国際がんセンター 病院長 左近賢人、総長 松浦成昭
ルネサンス 代表取締役社長執行役員 岡本利治、取締役常務執行役員 望月美佐緒

 

1.背景・目的

 がんの治療成績の向上はめざましく、多くの患者ががんを克服しサバイバーとして活躍しています。また、がんを治すことが難しい場合でも治療を受けながら長期に延命できるようになり、社会活動をしている人も多く見られます。このような状況の中で、がんの医療には病気を治すことだけではなく、QOLの高い元の生活に戻るためのサポートが求められるようになっています。元気に日常生活を送るためには食べることと身体を動かすことが欠かせません。そのために大阪国際がんセンターでは、口腔ケアから栄養指導、そしてリハビリテーションに力を入れて患者のQOL向上を図ってきました。しかし、がんのリハビリは入院中の患者への指導が中心で、退院後はご自身で行っていただいており、患者本人がご自身で適切に身体を動かすことには限界がありました。

 このような背景から、2019年6月にルネサンスは、大阪国際がんセンターの患者交流棟内に、がん患者に特化した『運動支援センター』を開設、大阪国際がんセンターと連携し、運動を通じてがん患者の身体に起こる不調や痛みの改善をはじめ、体力回復、機能回復などの支援を行ってまいりました。その中で運動支援に携わる担当者は、がんの治療過程やがんに伴う患者さんの苦痛を和らげたり悩みを解決に導く知識を持つ必要性を強く感じるようになりました。そこで、がんについての知識を十分に持ち、それぞれのがん患者のニーズに合わせた適切な運動支援ができる人材を教育し、基準に達した受講者を「大阪国際がんセンター認定 がん専門運動指導士」として資格認定することといたしました。

 今後は、この資格を取得した人材を全国に広く輩出することにより、がん患者が退院後も身近な場所で、運動を通じたQOLの維持・向上に取り組める環境をつくり、より豊かな人生を送ることができる社会の実現を目指してまいります。

 

2.「大阪国際がんセンター認定 がん専門運動指導士」について

 がん患者の運動指導に必要な知識と技術を学ぶ養成講座は、大阪国際がんセンターの医療スタッフによるがんの病態・診療に関する講義とがん患者のQOLを維持・向上させるための運動指導に関する専門的な知識と技術を学ぶカリキュラムで構成されています。養成講座受講後に実施される認定試験で合格基準を満たし、申請登録をすると資格が付与されます。

 

3.養成講座カリキュラムについて

専門知識パート がんの基礎知識 がんの特徴と病態 / がんの診断と治療など
がん患者の状況 悩みとニーズ / 治療や支援の体制 など
がんリハビリテーション 対象となる障害 / リハビリテーションの事例 など
運動指導パート カウンセリング 実施方法 / サバイバーの心の理解 / ロールプレイ など
アセスメント 評価の種類 / 各評価の実施方法 / 評価の実際 など
プログラミング プログラミング理論 / エクササイズ実践 など
運動指導 指導方法論 / ケーススタディ など

※2021年4月時点の予定であり、状況によっては変更する場合があります。

 

「がん専門運動指導士」
ホームページ https://cancer.s-re.jp/shikaku

 

<参考>

◆大阪国際がんセンターについて
特定機能病院の認定を受け、都道府県がん診療連携拠点病院として大阪府がん医療の統括とがん医療の向上に努めている。
「西日本最多のがん患者を診療している病院、臨床に直結する研究を行っている研究所、大阪のがん行政を支える疫学データを研究しているがん対策センターの3部門から構成され、「患者の視点に立脚した高度ながん医療の提供と開発」を実践している。

ホームページ https://oici.jp/

 

◆ルネサンスについて
「生きがい創造企業としてお客様に健康で快適なライフスタイルを提案する」という企業理念のもと、全国でスポーツクラブや介護リハビリ施設など計170か所以上の施設を運営している。また、施設内でのサービスだけでなく、企業や健康保険組合の健康づくり支援や全国の自治体の介護予防事業を受託するなど、健康分野におけるサービスを多岐にわたって展開している。

ホームページ https://www.s-renaissance.co.jp/

 

◆ルネサンス 運動支援センターについて
2019年6月に開設した がん患者の治療前・中・後におけるQOL維持・向上を支援する運動施設。大阪国際がんセンターリハビリテーション科から指導を受けた、がんに関する知識を有した専門の運動指導員による運動指導を受けることができる。
これまでにがん患者60名以上の個別運動指導、500名以上の運動相談を実施している。

ホームページ https://cancer.s-re.jp/

 

【本リリースについてのお問い合わせ先】

地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター
事務局 総務・広報グループ
TEL 06-6945-1181(内線5105) 受付時間 平日9:00~17:30

 

株式会社ルネサンス 経営企画部 パブリックリレーションチーム 村角(むらずみ)
TEL 03-5600-7811 MAIL ml_pr@s-renaissance.co.jp

  • 病院サイトへ
  • 交通アクセス
総合受付06-6945-1181 月曜日~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時30分