病院サイトへclick
研究所

がんの早期診断に有効なマーカーの検索、また化学療法や免疫療法、放射線療法などに抵抗性のがんも含めた新たな治療法の開発を行います。いずれも高度な基礎研究から臨床応用へと発展させることにより府民の健康と、ひいては我が国、世界のがん患者への貢献を目指します。

臨床研究
管理センター

当センターの基本方針のひとつである「先進医療の開発と実践」を実現するために、企業主導および医師主導の開発治験を推進し、当センター独自の臨床研究の支援を行っています。また2018年からは、認定臨床研究審査委員会を置き、センター内外の特定臨床研究の審査も実施しています。

次世代がん医療
開発センター

患者さんの生体試料などの収集や提供(Cancer Cell Portがんバンク)、治験や臨床研究にかかる支援や外部との共同研究の誘致などの支援活動を通じて、病院や研究所との架け橋となり、基礎研究や臨床研究の推進・普及のために活動しています。

がん対策センター

1962年から継続している大阪府がん登録を基盤に、大阪府がん対策推進計画など、科学的根拠に基づくがん対策の立案および進捗管理で大阪府と協働することに加え、病院や研究所等とともに大阪国際がんセンターを構成する柱の一つとして、その理念の実践に取り組んでいます。

大阪府緊急事態宣言期間中の喫煙状況を分析

Press Release

2021年5月27日

 

大阪府緊急事態宣言期間中の喫煙状況を分析

喫煙者の12%が禁煙に、32%が喫煙本数を増加

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪国際がんセンターのがん対策センターは、大阪府健康づくり課と協働し、大阪府民のための健康アプリ「アスマイル」を用いて、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い2020年4月に発令された緊急事態宣言下における喫煙状況の変化について分析し、 2021年3月20日に、国際誌であるJournal of Epidemiologyに論文発表しました。

 宣言の発令により、喫煙者の 1 1.9 %が禁煙したのに対して、 3 2.1 %が喫煙本数を増加させており、特に一人暮らし、在宅勤務者、所得が減少した人などの喫煙本数が有意に高まったことがわかりました。大阪府民のための健康アプリ「アスマイル」のアンケート機能を用いた分析は今回が初めてです。

大阪府民のための健康アプリ「アスマイル」
【画像提供:大阪府健康づくり 課 】

https://www.asmile.pref.osaka.jp/about.html

 

大阪府の健康アプリ「アスマイル」を用いて、2020年5月27日~6月14日までの期間で2020年4月の緊急事態宣言の発令による生活の変化についてアンケート調査を行いました(調査開始時点の「アスマイル」登録者数は195058 名)。具体的には「発令の前後で、食事、身体活動、普段の生活にどのような変化がありましたか」という問いを投げかけ、40,092名(男性 12,503名、女性 26,826名、性別不明 763名)から情報を取集し、そのうち、喫煙者 5,120名(男性 2,615名、女性 2,505名、平均年齢 50.7 10.7歳)の喫煙状況等を分析したところ、607名(11.9%)が“禁煙をした(吸うのをやめた)”と回答し、1,645名 32.1%)が“吸う本数が増えた”と回答しました【図1】。

【図1】緊急事態宣言による喫煙本数の変化

 

禁煙をした人は、「男性」「55歳以上の高齢世代」「ストレスが減少した人」「無職の人」において、その存在率比が統計学的に有意に高い結果となりました【図2】。一方、喫煙本数が増加した人は、「44歳以下の若い世代」「一人暮らしの人」「所得が減少した人」「ストレスの増減があった人」「在宅勤務者」において、その存在率比が統計学的に有意に高い結果となりました【図3】。

【図2】禁煙した人の特徴

女性を基準にした場合
・男性: 1.38 倍

45-54 歳を基準にした場合
・55-64 歳: 1.24 倍
・65 歳以上: 2.45 倍

ストレスの増減がなかった人を基準にした場合
・ストレス が 減少した者: 1.42 倍

正社員・正規職員を基準にした場合
・無職: 1.57 倍

禁煙した人が多かった

 

【図3】喫煙本数 が 増加した人の特徴

45-54 歳を基準にした場合
・35 歳未満: 1.22 倍
・35-44 歳: 1.20 倍

4人以上と同居を基準にした場合
・一人暮らし: 1.23 倍

所得の増減がなかった人を基準にした場合
・24 %以下の所得が減少した人 1.20 倍
・25-49 %の所得が減少した人 1.33 倍
・50-99 %の所得が減少した人 1.37 倍

ストレスの増減がなかった人を基準にした場合
・ストレスが増加した人 1.49 倍
・ストレスが減少した人 1.32 倍

在宅勤務をしていない人を基準にした場合
・在宅勤務者: 1.29 倍

喫煙本数が増加した人が多かった

 

 喫煙は新型コロナウイルス感染症の重症化リスク因子の一つであり、厚生労働省は新しい生活様式の実践例の一つとして“禁煙”を示しています。しかしながら、本研究で、禁煙した者もいる一方で、喫煙者の 3 割が喫煙本数を増やしていることがわかりました。特に一人暮らし、在宅勤務などの喫煙本数が増加しやすい傾向があることを踏まえ、今後も継続的に社会状況の変化と喫煙状況や健康状態の変化を追っていくことが必要だと考えます。

 当センターはこれからも大阪のがん行政を支える疫学データの研究を通じて、府民の健康づくりと医療の発展に貢献してまいります。

発表論文:Koyama S. Tabuchi T., Okawa S., Kadobayashi T., Shirai H., Nakatani T., Miyashiro I. Changes in smoking behavior since the declaration of the COVID 19 s tate of emergency in Japan : A cross sectional study from the Osaka health app . J Epidemiol

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jea/advpub/0/advpub_JE20200533/_article/ char/en

 

【お問い合わせ先】

TEL 06 6945 1181(内線5101/5104)

事務局総務・広報 グループ

受付時間:平日9:00~17:30

関連サイト

  • 病院サイトへ
  • 交通アクセス
総合受付06-6945-1181 月曜日~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時30分