【コラム】がん治療の手術現場におけるチーム医療(連載第5回)「手術室における看護師と臨床工学技士の連携」を掲載しました

がん治療における手術の成否は、医師の技術はもちろん、手術室看護師、コメディカル、事務局メンバーたちの経験値やチームワークにかかっていると言っても過言ではありません。

当センターは日本を代表するがん治療の拠点医療機関として、最先端手術を積極的に導入するとともに、手術室の環境整備、体制拡充を進めています。

 

第5回は、「手術室における看護師と臨床工学技士の連携」と題して、医療の発展と共にダビンチ手術のようなロボット技術を駆使した最先端の医療機器による手術が増えているなか、安全かつスピーディーに実施するべく取り組んでいることを看護師と臨床工学技士に語ってもらいました。ぜひご覧ください。

 

【コラム】がん治療の手術現場におけるチーム医療 ―手術室における看護師と臨床工学技士の連携―

関連サイト

総合受付06-6945-1181 月曜日~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時30分