病院サイトへclick
研究所

がんの早期診断に有効なマーカーの検索、また化学療法や免疫療法、放射線療法などに抵抗性のがんも含めた新たな治療法の開発を行います。いずれも高度な基礎研究から臨床応用へと発展させることにより府民の健康と、ひいては我が国、世界のがん患者への貢献を目指します。

臨床研究
管理センター

当センターの基本方針のひとつである「先進医療の開発と実践」を実現するために、企業主導および医師主導の開発治験を推進し、当センター独自の臨床研究の支援を行っています。また2018年からは、認定臨床研究審査委員会を置き、センター内外の特定臨床研究の審査も実施しています。

次世代がん医療
開発センター

患者さんの生体試料などの収集や提供(Cancer Cell Portがんバンク)、治験や臨床研究にかかる支援や外部との共同研究の誘致などの支援活動を通じて、病院や研究所との架け橋となり、基礎研究や臨床研究の推進・普及のために活動しています。

がん対策センター

1962年から継続している大阪府がん登録を基盤に、大阪府がん対策推進計画など、科学的根拠に基づくがん対策の立案および進捗管理で大阪府と協働することに加え、病院や研究所等とともに大阪国際がんセンターを構成する柱の一つとして、その理念の実践に取り組んでいます。

Nitto核酸創薬共同研究部

大阪国際がんセンターと日東電工が
新規核酸医薬品の創薬を目的として設立した共同研究部

大阪国際がんセンターと日東電工株式会社は、当センターの研究所内に新規核酸医薬品の開発を目的とした共同研究部を設立し、難治がん・希少がんの新規分子標的治療法及びがん免疫療法をになう核酸医薬品の創薬研究に着手しました。

この度共同研究部で核心技術として用いるsiRNA(*1)医薬品は、細胞内に入ってタンパク質の設計図であるmRNAに作用する新しいタイプの核酸医薬品です。標的となるmRNAに対応して薬剤をデザインできるため、これまでの分子標的治療薬(低分子医薬品や抗体医薬品)では狙うことができなかった原因タンパク質の産生そのものを抑制することが可能であり、革新的な創薬技術として注目されています。

難治がんは、従来の治療が奏功しないがんであり、新規治療法の開発が喫緊の課題とされています。一方、希少がんは患者数が少ないため診断・治療法の研究開発が進みにくく、治療法の選択肢が限られていることから、新たな治療法の確立が求められています。がん治療法の一つで、体内に備わる免疫力を利用したがん免疫療法は、著明な効果を認める場合がある一方で、効果の認められないがん種や患者も多く、治療効果を増強させるための治療法の開発が求められています。

本共同研究部では、当センターの先端がん医療における臨床経験、動物モデルや臨床検体を用いた薬効評価技術と、Nittoの核酸創薬技術及びドラッグデリバリーシステム(DDS)技術を融合し、難治がん・希少がんに対するsiRNAを用いた画期的な新規分子標的治療及びがん免疫療法となる核酸医薬の開発を目指します。この協力体制の構築により、基礎研究から臨床応用研究までの障壁を解消し、患者待望の画期的ながん治療薬を創出することで、日本及び世界のがん治療成績の向上を目指していきます。

*1:siRNA(small interference RNA)は、21~23残基の短鎖二本鎖RNAから構成され、標的遺伝子の転写産物の相当部分を切断することにより、遺伝子の発現を抑制します。

スタッフ

氏 名 所属部局・職名
松浦成昭 部長兼務(総長)
田原秀晃 部長補佐
小川久貴 研究リーダー(チームリーダー)
深坂昌弘 特別研究員
漆原直子 特別研究員
梶原慶子 特別研究員
靜間和子 技術補助員
小巻洋哉 技術補助員

関連サイト

  • 病院サイトへ
  • 交通アクセス
総合受付06-6945-1181 月曜日~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時30分