がん登録実務者支援(全国・院内)

全国がん登録への届出のご案内

がん登録オンラインシステムの利用申請手続きが未完了の医療機関の方へ
全国がん登録への届出は、情報の安全な移送、情報の精度向上、事務の効率化のためがん登録オンラインシステムを利用することを推奨しています。

2021年度 届出の必要な患者判断チャート

判断チャート

届出方法

詳細な内容は画像の中の※をクリックしてください

※ 1

「〇〇診断症例」の考え方は下記のとおりです。
1)診断日が〇〇年1月~12月までの症例を指します。
2)診断日のもとめかた
  全国がん登録項目番号11:「診断施設」が
   1.自施設で診断のときは「自施設診断日」
   2.他施設で診断のときは「当該腫瘍初診日」
   当該がんの初回治療前の診断のため行った検査のうち「がん」と診断する
   根拠となった検査を実施した日を選択します。
  ※当該腫瘍初診日
  →当該がんの診断や治療のために初めて患者が自施設を受診した日

※ 2

院内がん登録とは
https://ganjoho.jp/reg_stat/can_reg/hospital/about.html
院内がん登録全国集計とは
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/hosp_c_registry.html

都道府県から推薦された施設(がん診療拠点病院)が提出対象となりますが2018
年度よりがん診療拠点病院以外の病院および指定診療所でも提出条件を満たして
いれば院内がん登録全国集計への提出が可能となりました。

≪提出条件≫
※現時点では、2020年診断症例の院内がん登録全国集計への提出条件が提示され
 ていないことから、参考までに2019年診断症例の提出条件を下記に示します。

1)起算日が2019年1月1日~12月31日の通年データをがん診療連携拠点病院院内
 がん登録標準登録様式(2016年版)で提出できる施設
2)に該当するデータを、別途配布されるソフトウェアを用いてネットワークを
 介した形でエラーチェックを行い、エラーのないデータを令和2年(2020)年
 8月11日(火)から11月13日(金)までに提出できると考えられる施設
3)がん登録実務初級認定者、または院内がん登録実務中級認定者が1名以上配置
 されている施設
※がん登録実務認定者の認定期間に十分にご注意ください。
 認定資格が失効していた場合は、本要件を満たすことができません。
4)がん診療連携拠点病院全国集計において、施設名入りの集計結果がPDF形式の  報告書やホームページ上の検索などの形で公表されることに同意できる施設。
 また、都道府県の担当部局と拠点病院・集計参加施設に情報提供されるととも
 に、がん対策情報センターから拠点病院の相談支援センター等に施設別登録件数
 の提供を行う「施設別がん登録件数検索システム」等での利用と国立がん研究セ
 ンターホームページ等に公表されることに同意できる施設

※ 3

がん診療拠点病院以外の病院および指定診療所の場合、院内がん登録全国集計へ提
出するか否かで、全国がん登録への提出時期が異なります。
院内がん登録全国集計提出をされる場合は、大阪国際がんセンターに向けて提出の
意思表示をお願いします。
https://osaka-gan-joho.net/reg_intention/application/

※ 4

大阪府では全国がん登録オンラインシステムでの届出をお願いしています。
全国がん登録オンライン届出について
http://ganjoho.jp/reg_stat/can_reg/national/hospital/e-rep/online.html

※ 5

国がんより提供される院内がん登録全国集計提出時の品質管理チェックをクリアし
た、エラーのないデータを全国がん登録へご提出ください。

※ 6

全国がん登録届出支援サイトからダウンロードしてください。
1ファイルにつき10件の症例が入力できます。
登録件数に応じて必要ファイル数をダウンロードしてください。
1ファイルごとに有効期限の設定があるため、1つのファイルをコピーして繰り
返し利用することは避け、新たにダウンロードしてください。
http://ganjoho.jp/reg_stat/can_reg/national/hospital/e-rep/enotification_info.html


※ 7

必要事項の入力完了後は、電子届出票ファイルの1ページ目「届出申告書」の最下
部にある「確定」ボタンを必ずクリックしてください。
ファイルを確定したことは、1ページ目右上の「発行日付」に確定した日付が表示
されることで確認できます。
有効期限内に確定しなければ、そのファイルは受理されない無効ファイルとなり、
各医療機関において新たにダウンロード・再入力が必要となります。
確定したファイルであれば、有効期限が過ぎても受理に際しては問題ありません。

◆電子届出票ファイルの有効期限について
 ファイルをダウンロードした日から60日間です。
 有効期限内にできること
  →確定した後も、確定解除して、ファイルの内容の追加修正ができます。
 有効期限が過ぎると
  →ファイルの内容の追加修正はできませんが、閲覧は可能です。

※ 8

全国がん登録用ソフトウエアであるHos-CanR Liteは、全国がん登録届出支援
サイトから無料でダウンロードできます。
http://ganjoho.jp/reg_stat/can_reg/national/hospital/e-rep/hoscanrlite.html

Hos-CanR Liteは最新版へバージョンアップしてご利用ください。
→バージョンアップするためには、専用サイトへのログインが必要です。
Hos-CanR Lite申込受付完了時に国立がん研究センターより届いたメールを
ご確認ください。

※ 9

Hos-CanR Liteの操作に関するお問い合わせ
https://ganjoho.jp/reg_stat/can_reg/national/hospital/e-rep/hoscanrlite.html

※10

CSVファイルの暗号化のための作業です。
全国がん登録届出支援サイトから電子届出票ファイル(PDF)をダウンロードしCSV
ファイルを電子届出票ファイル(PDF)に添付してください。
電子届出票ファイルPDFについて(※6参照)
http://ganjoho.jp/reg_stat/can_reg/national/hospital/e-rep/enotification_info.html


※11

2019年診断症例からがん登録オンラインシステムへの提出時に登録内容チェックが
かかるようになりました。
がん登録オンラインシステムへ届出データを提出後、届出状況を必ずご確認くださ
い。
届出状況が「エラー」の場合は、インポートエラー一覧をご確認いただき、再提出
をお願いいたします。

https://ganjoho.jp/data/reg_stat/cancer_reg/national/hospital/online_manual04a_supple_20200331.pdf

エラーの修正方法・登録内容に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。
大阪国際がんセンター がん対策センター 政策情報部
TEL:06-6945-1181(代表)内線5505(平日:9:00~17:30)


※12

2020年診断症例の届出対象がない場合、Googleフォームまたは文書にて申告いただ
く必要があります。
(メールや電話での受付は行っておりません。)
詳しくは2021年4月中旬に全国がん登録ご担当者宛に送付する文書の別紙3をご確認
ください。

文書を紛失したなどの場合は、下記までご連絡ください。
大阪国際がんセンター がん対策センター 政策情報部
TEL:06-6945-1181(代表)内線5505(平日:9:00~17:30)