研究所

がんの早期診断に有効なマーカーの検索、また化学療法や免疫療法、放射線療法などに抵抗性のがんも含めた新たな治療法の開発を行います。いずれも高度な基礎研究から臨床応用へと発展させることにより府民の健康と、ひいては我が国、世界のがん患者への貢献を目指します。

臨床研究
管理センター

当センターの基本方針のひとつである「先進医療の開発と実践」を実現するために、企業主導および医師主導の開発治験を推進し、当センター独自の臨床研究の支援を行っています。また2018年からは、認定臨床研究審査委員会を置き、センター内外の特定臨床研究の審査も実施しています。

次世代がん医療
開発センター

患者さんの生体試料などの収集や提供(Cancer Cell Portがんバンク)、治験や臨床研究にかかる支援や外部との共同研究の誘致などの支援活動を通じて、病院や研究所との架け橋となり、基礎研究や臨床研究の推進・普及のために活動しています。

がん対策センター

1962年から継続している大阪府がん登録を基盤に、大阪府がん対策推進計画など、科学的根拠に基づくがん対策の立案および進捗管理で大阪府と協働することに加え、病院や研究所等とともに大阪国際がんセンターを構成する柱の一つとして、その理念の実践に取り組んでいます。

次世代がん医療開発センター

センター概要

 がんの治療成績は向上してまいりましたが、すべての患者さんに満足のいく結果をお届けできるようになるまでの道のりはまだまだ遠く、引き続き未来を見据えたたゆまない研究が必要と言えます。今後のがんの治療成績をさらに向上させ、患者さんに健康な生活を得ていただくためには、がんの基礎研究・臨床研究が欠かせません。大阪国際がんセンターでは、基礎研究、臨床研究のどちらにも力を入れており、これらの研究で得られた成果は、将来のがん医療に活用されます。次世代がん医療開発センターは、基礎研究、臨床研究の推進・普及のため、患者さんの生体試料等の収集・提供(Cancer Cell Port)などを中心に、研究実施に係る様々な支援を行います。

スタッフ紹介

大植 雅之 兼 センター長
工藤 敏啓 兼 副センター長
吉田 恵一 副センター長
長井 詳昭 チーフ
松岡 晴美 事務職員

横スクロールできます

業務内容

  • ・ 病院内・外における生体試料を用いた医学研究の推進・普及
  • ・ 患者からの検体・診療情報等の提供にまつわる倫理的指導及び監督
  • ・ 次世代がん医療開発センターの施設及び設備の使用にかかる指導及び監督
  • ・ 次世代がん医療開発センターの個別事業及びプロジェクトの進行管理
  • ・ 次世代がん医療開発センターの知的財産権の管理及び運用

関連サイト