病院サイトへclick
研究所

がんの早期診断に有効なマーカーの検索、また化学療法や免疫療法、放射線療法などに抵抗性のがんも含めた新たな治療法の開発を行います。いずれも高度な基礎研究から臨床応用へと発展させることにより府民の健康と、ひいては我が国、世界のがん患者への貢献を目指します。

臨床研究
管理センター

当センターの基本方針のひとつである「先進医療の開発と実践」を実現するために、企業主導および医師主導の開発治験を推進し、当センター独自の臨床研究の支援を行っています。また2018年からは、認定臨床研究審査委員会を置き、センター内外の特定臨床研究の審査も実施しています。

次世代がん医療
開発センター

患者さんの生体試料などの収集や提供(Cancer Cell Portがんバンク)、治験や臨床研究にかかる支援や外部との共同研究の誘致などの支援活動を通じて、病院や研究所との架け橋となり、基礎研究や臨床研究の推進・普及のために活動しています。

がん対策センター

1962年から継続している大阪府がん登録を基盤に、大阪府がん対策推進計画など、科学的根拠に基づくがん対策の立案および進捗管理で大阪府と協働することに加え、病院や研究所等とともに大阪国際がんセンターを構成する柱の一つとして、その理念の実践に取り組んでいます。

【コラム】がん治療の手術現場におけるチーム医療(連載第5回)「手術室における看護師と臨床工学技士の連携」を掲載しました

がん治療における手術の成否は、医師の技術はもちろん、手術室看護師、コメディカル、事務局メンバーたちの経験値やチームワークにかかっていると言っても過言ではありません。

当センターは日本を代表するがん治療の拠点医療機関として、最先端手術を積極的に導入するとともに、手術室の環境整備、体制拡充を進めています。

 

第5回は、「手術室における看護師と臨床工学技士の連携」と題して、医療の発展と共にダビンチ手術のようなロボット技術を駆使した最先端の医療機器による手術が増えているなか、安全かつスピーディーに実施するべく取り組んでいることを看護師と臨床工学技士に語ってもらいました。ぜひご覧ください。

 

【コラム】がん治療の手術現場におけるチーム医療 ―手術室における看護師と臨床工学技士の連携―

関連サイト

  • 病院サイトへ
  • 交通アクセス
総合受付06-6945-1181 月曜日~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時30分