治験ってなに

「治験」は、新しい「くすり」を国(厚生労働省)から認めてもらうために行われる試験のことです。
がんの治療方法として、日々新しいくすりの開発が進められています。
新しいくすりが治療薬として使われるようになるまでには、10年を超える長い歳月がかかり、様々な方々の協力が必要とされます。
治験はまだ治療薬がない病気のくすりやより効果が高く副作用の少ないくすりを開発するための大切なプロセスです。
当センターでは、安全に治験を実施し、未来につながるがん治療の提供に取り組んでいます。