病院サイトへclick
研究所

がんの早期診断に有効なマーカーの検索、また化学療法や免疫療法、放射線療法などに抵抗性のがんも含めた新たな治療法の開発を行います。いずれも高度な基礎研究から臨床応用へと発展させることにより府民の健康と、ひいては我が国、世界のがん患者への貢献を目指します。

臨床研究
管理センター

当センターの基本方針のひとつである「先進医療の開発と実践」を実現するために、企業主導および医師主導の開発治験を推進し、当センター独自の臨床研究の支援を行っています。また2018年からは、認定臨床研究審査委員会を置き、センター内外の特定臨床研究の審査も実施しています。

次世代がん医療
開発センター

患者さんの生体試料などの収集や提供(Cancer Cell Portがんバンク)、治験や臨床研究にかかる支援や外部との共同研究の誘致などの支援活動を通じて、病院や研究所との架け橋となり、基礎研究や臨床研究の推進・普及のために活動しています。

がん対策センター

1962年から継続している大阪府がん登録を基盤に、大阪府がん対策推進計画など、科学的根拠に基づくがん対策の立案および進捗管理で大阪府と協働することに加え、病院や研究所等とともに大阪国際がんセンターを構成する柱の一つとして、その理念の実践に取り組んでいます。

がん創薬部

スタッフ

田原 秀晃 部長(兼任)
赤澤 隆 チームリーダー
溝手 雄 研究員
江川 智哉 技術補助員
熊本 八千代 技術補助員
吉田 聡美 技術補助員
佐々木 志穂 技術補助員
辰己 久美子 研修生

研究テーマ

がん創薬部は、有効な新規がん治療薬の開発を目指して、免疫療法や遺伝子治療などの先端的がん治療に関する基礎的・検証的研究を行うために創設されました。その目的を達成するために、病院の各部門と密接な協力関係を構築し、様々な形で共同研究を進めるとともに、それらの活動を通して次世代を担う専門的人材を育成してゆきます。プロジェクトの概要は下記のとおりです。

1.がん患者における免疫動態の解析とその知見の臨床への還元
がん免疫療法は、いろいろなタイプのがんでその効果が検証されており、悪性黒色腫、肺がん、胃がんなどでは、すでに承認薬となっているものがあります。しかし、これらの治療を、どのような患者に、併用薬も含めどのような方法で使用するべきなのか、不明な点がまだ多く残されています。そこで当研究部では、がん患者さんの治療前・中・後の免疫動態を詳細に検討することにより、より効果的な治療法の開発に貢献することを目標として研究を進めてゆきます。

2.新規治療法の臨床開発
基礎研究のレベルでは、有望なさまざまながん治療法が考案され検討されています。本研究部では、特に免疫調節(チェックポイント)にかかわる分子の制御による治療法と、腫瘍溶解性ウイルス療法に重点を置き、これらの治療法が一日でも早く実用化され有効な新規治療法となるように、臨床に近い部分に焦点を当てて検討を進めてゆきます。

主な研究業績
1.Yamazaki N, Kiyohara Y, Uhara H, Iizuka H, Uehara J, Otsuka F, Fujisawa Y, Takenouchi T, Isei T, Iwatsuki K, Uchi H, Ihn H, Minami H, Tahara H. Cytokine biomarkers to predict antitumor responses to nivolumab suggested in a phase II study for advanced melanoma. Cancer Science 108:1022-1031, 2017.

2.Okubo Y, Uchida H, Wakata A, Suzuki T, Shibata T, Ikeda H, Yamaguchi M, Cohen JB, Glorioso JC, Tagaya M, Hamada H, and Tahara H. Syncytial Mutations Do not Impair the Specificity of Entry and Spread of a Glycoprotein D Receptor-Retargeted Herpes Simplex Virus. J Virol. 2016 Nov 28; 90(24):11096-11105.

3.Ma Z, Li W, Yoshiya S, Xu Y, Hata M, Eldaravish Y, Markova T, Yamanishi K, Yamanishi H, Tahara H, Tanaka Y, and Okamura H. Augmentation of immune checkpoint blockade therapy with IL-18. Clin Cancer Res. 2016 22(12):2969-80.

4.Jinushi M, Chiba S, Yoshiyama H, Masutomi K, Kinoshita I, Dosaka-Akita H, Yagita H, Takaoka A, Tahara H. Tumor-associated macrophages regulate tumorigenicity and anticancer drug responses of cancer stem/initiating cells. Proc Natl Acad Sci U S A. 108:12425-30. 2011

5.Jinushi M, Sato M, Kanamoto A, Itoh A, Nagai S, Koyasu S, Dranoff G, and Tahara H. Milk Fat Globule EGF-8 blockade triggers tumor destruction through coordinated cell-autonomous and immune-mediated mechanisms. J Exp. Med. 206:1317-1326, 2009

6.Wada S, Tsunoda T, Baba T, Primus FJ, Kuwano H, Shibuya M, Tahara H. Rationale for anti-angiogenic cancer therapy with vaccination using epitope peptides derived from human vascular endothelial growth factor receptor 2 (VEGFR2). Cancer Research, 65: 4939-4946, 2005.

7.Tani K, Azuma M, Nakazaki Y, Oyaizu N, Hase H, Ohata J, Takahashi K, OiwaMonna M, Hanazawa K, Wakumoto Y, Kawai K, Noguchi M, Soda Y, Kunisaki R, Watari K, Takahashi S, Machida U, Satoh N, Tojo A, Maekawa T, Eriguchi M, Tomikawa S, Tahara H, Inoue Y, Yoshikawa H, Yamada Y, Iwamoto A, Hamada H, Yamashita N, Okumura K, Kakizoe T, Akaza H, Fujime M, Clift S, Ando D, Mulligan R, Asano S. Phase I study of autologous tumor vaccines transduced with the GM-CSF gene in four patients with stage IV renal cell cancer in Japan: clinical and immunological findings. Mol Ther. 10:799-816, 2004.

8.Nishioka, Y., Robbins, P.D., Lotze, M.T., and Tahara, H. Induction of systemic and therapeutic antitumor immunity using intratumoral injection of dendritic cells genetically modified to express interleukin 12. Cancer Res 59:4035-41, 1999.

9.Hashimoto, W, Osaki, T, Okamura, H, Robbins, P.D., Kurimoto, M, Nagata S., Lotze, M.T., Tahara, H. Differential antitumor effects of administration of rIL-18 or rIL-12 are mediated primarily by Fas-FasL and perforin induced tumor apoptosis respectively. J Immunol 163:583-9, 1999

10.Atkins, B.A., Robertson, M.J., Gordon, M., Lotze, M.T., DeCoste, M., DuBois, J.S., Ritz, J., Sandler, A.B., Edington, H.D., Garzone, P.D., Mier, J.W., Canning, C.M., Battiato, L., Tahara, H., and Sherman, M.L. Phase I evaluation of intravenous recombinant human interleukin-12 (rhIL-12) in patients with advanced malignancies. Clin. Cancer Res. 3: 409-417, 1997.

11.Tahara, H. and Lotze, M.T. IL-12 Gene therapy using direct injection of tumors with genetically engineered autologous fibroblasts. Human Gene Therapy 6:1607-1624, 1995.

12.Suzuki, T., Tahara, H., Narula, S., Moore, K.W., Robbins, P.D., and Lotze, M.T. Viral interleukin 10 (vIL-10), the human herpes virus-4 cellular IL-10 (cIL-10) homologue, induces local anergy to allogeneic and syngeneic tumors. J. Ex. Med. 182:477-486, 1995.

13.Tahara, H., Zitvogel, L., Storkus, W.J., Zeh, H.J.III, McKinney, T.G., Schreiber, R.D., Gubler, U., Robbins, P.D., Lotze, M.T. Effective eradication of established murine tumors with interleukin 12 (IL-12) gene therapy using a polycistronic retroviral vector. J. Immunol. 154: 6466-6474, 1995.

14.Nastala, L., Edington, H.D., McKinney, T.G., Tahara, H., Nalesnik, M., Brunda, M.J., Gately M.K., Wolf, S.F., Schreiber, R.D., Stewart T., Storkus, W.J., and Lotze, M.T. Recombinant interleukin-12 (IL-12) administration induces tumor regression in assciation with interferon-gamma production. J. Immunol. 153: 1697-1706, 1994

15.Shiozaki H., Tahara H., Oka H., Miyata M., Kobayashi K., Tamura S., Iihara K., Doki Y., Hirano S., Takeichi M., Mori T.: Expression of immuno-reactive E-cadherin adhesion molecules in human cancers. Am. J. Pathol. 139: 17-23, 1991

16.Tahara H., Shiozaki H., Kobayashi K., Yano H., Tamura S., Miyata M.Wakasa K., Sakurai M., Mori T.: Principal lymphocyte-subpopulation in local host response to human oesophageal cancer. Virchows Archiv A Pathol. Anat. 417: 311-317, 1990.

関連サイト

  • 病院サイトへ
  • 交通アクセス
総合受付06-6945-1181 月曜日~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時30分