メディカルレシピ®

当センター臨床栄養委員会監修 一般社団法人メディカルサイエンスベーストリソース研究所 メディカルレシピ®

がんの患者さんは、化学療法や放射線治療を受けた際に、食事の味や香りに対して変化を感じる場合があります。また消化器の手術後や他の要因により下痢や便秘を起こすことで、患者さんのご家族などお世話をする方の不安を招くことが生活改善期に問題となります。
このたび、一般社団法人メディカルサイエンスベーストリソース研究所が患者さんのQOL向上を目指し開発されたレシピを大阪国際がんセンター臨床栄養委員会において監修し、同研究所がメディカルレシピ®として取りまとめられました。ご活用ください。

くすりと食品の相互作用

くすりと食品には食べ合わせ・飲み合わせが悪いものがあり、そのリスクを知らずに服用してしまうと逆に健康を害する場合があります。こちらでは特にお問い合わせの多い薬と食品の相互作用についてご紹介します。

  • グレープフルーツジュース

    グレープフルーツ
    ジュース

  • クロレラ

    クロレラ

  • 緑黄色野菜

    緑黄色野菜

  • 納豆

    納豆

  • カフェイン

    カフェイン

  • チーズ

    チーズ

  • アルコール

    アルコール

  • 牛乳

    牛乳

作成:くすりの適正使用協議会
監修:北村正樹(東京慈恵会医科大学付属病院 薬剤部 医薬品情報室)

メディカルレシピ®

*レシピを実際に調理される際は、使用する個々の食材のアレルギー表示と注意喚起表示をご確認ください。

*メディカルレシピは、一般社団法人メディカルサイエンスベーストリソース研究所の登録商標です。

関連サイト

総合受付06-6945-1181 月曜日~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時30分