整形外科(骨軟部腫瘍科)

  • 診療内容 / 実績
  • スタッフ紹介
  • 外来診療表

骨軟部腫瘍の中心的専門施設として、最適な医療を提供します。

整形外科(骨軟部腫瘍科)は「四肢、体幹のできもの」、すなわち骨、および筋肉・脂肪・血管・神経などの軟部に発生する腫瘍=骨軟部腫瘍を専門としています。
骨軟部腫瘍の特徴は、

① 発生頻度が稀
② 筋肉・脂肪・神経・血管など発生母体となる組織がさまざま
③ 比較的若年者に多い

などです。
特に悪性腫瘍である肉腫(Sarcoma)は、内臓器に発生する癌(Carcinoma)とは異質のもので、稀でかつ組織診断が多岐にわたるため非常に診断が困難です。また、骨軟部腫瘍は種々の病理診断に基づいて化学療法や広範切除など、その腫瘍に応じた治療法を選択する必要があります。従ってその治療は専門的な施設で行う必要があり、当科では大阪大学附属病院と連携し このような稀な腫瘍の中心的専門施設として、症例の蓄積と診断・治療技術の向上に努めています。特に肉腫の遺伝子診断や、患肢を切断せずに治療する患肢温存手術に力を入れており、我が国有数の優れた治療成績をあげています。

なお、自立したプロフェッショナルとしての整形外科医の養成を目指して、「大阪国際がんセンター・整形外科専門プログラム」を作成しました。プログラムの詳細は、こちらをご覧ください。→(大阪国際がんセンター研修プログラム.pdf)

主要疾患

① 原発性骨腫瘍(骨肉腫、軟骨肉腫、Ewing 肉腫など)
② 原発性軟部腫瘍(脂肪肉腫、未分化多形肉腫、平滑筋肉腫、横紋筋肉腫、滑膜肉腫、血管肉腫、胞巣状軟部肉腫など)
③ 転移性骨腫瘍

治療ポリシー

○豊富な経験に基づいた知識とスキル、ノウハウを活用し、最適な医療を選択します。
○多方面の領域の専門家と連携し集学的治療を行います。
○患肢を切断せずに治療する患肢温存手術に力を入れています。

主な治療について

治療法 入院・外来 治療日数
画像検査 外来 1~2週間
針生検 外来 (画像検査後すぐに行います)
化学療法 入院 1クール 3週間×数クール(症状によって異なります)
切除手術 入院 1~2カ月

横スクロールできます

腫瘍広範切除術
悪性腫瘍は、最初に広範囲で切除しないと再発・転移を招くことが多く、命にかかわります。初回の手術を受ける前に、悪性の疑いがある場合は当手術法を適用します。
患肢温存術
患肢を切断せずに治療する手術法です。他院で要切断と言われた場合でも、当センタ―では切らずに済む場合もあります。
マルチモーダルセラピー
IVR、重粒子治療、塞栓療法(カテーテル治療)、処理骨移植、人工骨、人工関節、抗がん剤、免疫、漢方などの各専門のドクターと連携し、多方面からの治療を行います。

医療設備

MRI, CT, RI, Liniac,無菌手術室

診療実績

手術件数325件(平成30年度)。化学療法、放射線療法をはじめ、術中体外照射自家骨移植法や、多施設共同で新しい治療法の臨床試験(治験)などに積極的に取り組んでいます。

学会認定

● 日本整形外科学会臨床研修施設

スタッフ紹介

職 名 氏 名 専門分野 認定医/専門医/指導医
部長 竹中 聡 骨軟部腫瘍 日本整形外科学会専門医
緩和ケア研修修了医
リハビリテーション科
部長
田宮 大也 骨軟部腫瘍
がんリハビリテーション
肉腫基礎研究
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
緩和ケア研修修了医
がんのリハビリテーション研修修了医
新リンパ腫瘍研修修了医
副部長 若松 透 肉腫基礎研究 日本整形外科学会専門医
緩和ケア研修修了医
診療主任 渡邊 牧代    
診療主任 中井 翔    
レジデント 鈴木 りえ    
レジデント 吉田 英人    
非常勤医 荒木 信人 骨軟部腫瘍 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
義肢装具等適合判定医

横スクロールできます

外来診療表

診察室
AM PM AM PM AM PM AM PM AM PM
54 竹中 院内初診 / 院外初診 院外初診 ☆荒木
(第1週)
院外初診 院内初診 / 院外初診 院外初診
55 若松   院内初診 / 院外初診 院外初診 田宮大  
56 吉田       中井翔  
58 院内初診 / 鈴木り  

横スクロールできます

☆は非常勤医師です

総合受付06-6945-1181 月曜日~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時30分