はじめに

薬学的関与により、より有効で安全な薬物治療に貢献します。

≪業務の概要≫

 当センターでは、患者さんに安心して治療を受けていただくために、薬物治療の様々な場面で「薬剤師」がかかわっています。

医師の処方に基づく正確な調剤は勿論、無菌調製(抗がん剤や中心静脈栄養、免疫抑制剤など)や放射性医薬品の調製、院内製剤の製造、治験薬や臨床研究用医薬品を含む医薬品の適正な管理などの対物業務に加え、患者さんに対する服薬指導や持参薬の確認、患者さんとの面談による副作用発現予防や副作用の早期発見による重篤化の防止、更には医師への処方提案など、薬物治療のあらゆる段階で薬学的関与を行っています。特に、がん専門薬剤師による外来服薬指導では、医師による診察の前に薬剤師による副作用の評価を行うとともに、PBPM(Protocol Based Pharmacotherapy Management)に基づく処方提案も一部の診療科で開始しています。

 また、チームラウンドや患者教室など、センター内で活動する多職種によるチーム医療にも積極的に参画しています。

 なお、当センターでは、外来患者さんのお薬は、原則「院外処方箋」を発行しています。

 外来患者さんには「かかりつけ薬剤師」をお持ちいただき、「かかりつけ薬局」で安心してお薬を受取っていただけるよう、薬局DI室が窓口となり、保険薬局との薬-薬連携の強化を図っています。

医療人の育成においては、11週間に亘り薬学実務実習生を受入れ、医療の高度化に対応した薬剤師の育成にも力を注いでいます。更に、がん専門薬剤師やがん薬物療法認定薬剤師の研修認定施設として、研修生の受け入れも積極的に行っています。 

≪特色・実績≫

 薬局では、注射薬自動払出機やレジメン監査システム、抗がん剤調製ロボットなどの機器を導入により、調剤業務、調製業務を正確かつ迅速に行い、患者さんに対するお薬の説明や副作用の発現状況の確認、各種チーム医療等に積極的に取り組んでいます。

(2019年度業務実績)

薬剤管理指導

11,036件

持参薬確認

10,899件

抗がん剤調製(入院)

13,397枚

抗がん剤調製(外来)

22,440枚

20,790件

36,017件

入院処方箋

185,572枚

注射処方箋

342,906枚

外来処方箋(院内)

4,041枚

院外処方箋発行率

95.5%

クイックイン外来

3,858件

入院前お薬外来

2,850件

外来抗がん剤指導

1,798件

後発医薬品割合(数量シェア)

88%

新規治験

42件

取扱い治験件数

125件 

関連サイト

総合受付06-6945-1181 月曜日~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時30分