看護部門のご紹介

 当院は、がんの三大治療である化学療法・放射線療法・手術療法を行い、最良のがん治療を提供しています。また、希少がんや難治がん、がんゲノム医療等の最先端の治療も行っています。そのような治療を受ける患者さまやご家族の方々が、安心して少しでも快適な療養生活を送っていただけるように、心のこもった看護を提供しています。がんに罹患した患者さまの治療経過は長期に渡り、様々な場面で辛さや不安を感じておられます。私たちは、「患者視点」を大切にし、患者さまのニーズに対応するために患者さまに寄り添い、質の高いがん看護の提供に努めています。また、がん医療を牽引する看護師として自覚を持ち、社会の変化や医療の進歩に柔軟に対応し、どんな瞬間も患者の「生きる力」を支える看護を目指しています。
 看護部では、専門性の高い知識とスキルを身につけ、多様性に対応できる看護師を育成したいと考えています。教育体制は、クリニカルラダーに沿って看護実践能力の向上を図る「ラダー別研修」と、より専門性を高めるための「専門研修」を設け、質の高いがん看護を実践するための教育プログラムを整えています。さらに、全国18施設のがん診療施設と多地点TVカンファレンスを定期的に開催し、情報交換を行い、最新のがん看護を学び、がん看護の探求にも努めています。
 患者さまの安全と医療(看護)の質を確保するために、医療安全や感染対策、看護記録や看護倫理などの委員会を設け、看護職員全員で委員会活動に取り組んでいます。また、多職種と連携したチーム医療を推進し、他の医療スタッフと協働しながら看護師としての役割を果たせるように努めています。がん医療は、在宅へ移行し、在宅で療養生活を送っている患者さまが多くなっています。地域連携を促進し、患者さまが安心して切れ目のない看護を受けられるように取り組んでいます。