お薬から探す(経口薬)| 食材の相互作用とその注意

経口薬(当院処方上位20品目) ※ 一般名(アイウエオ順)

食材の相互作用とその注意

ある種の食材に含まれる物質が、薬物の分解に影響し、血中濃度の変動が予想される場合があります。多くは「グレープフルーツジュース」とハーブとして表示が義務付けられている「セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)」です。

メーカー:アストラゼネカ
相互作用:なし

メーカー:ヤンセンファーマ
相互作用:否定的

  • 本剤は主に薬物代謝酵素(チトクロームP-450)で代謝されますが、相互作用に関する注意喚起は関連する薬剤のみであり、食品に関しての情報はありません。

メーカー:日本ベーリンガーインゲルハイム
相互作用:セイヨウオトギリソウでは相互作用について摂取を控えるよう注意喚起あり。

  • 本剤は、細胞内薬剤を排泄する作用のある蛋白質(P糖蛋白)により細胞外へ排泄されるので、この蛋白を誘導する薬剤や食品の併用でより排泄が進み血中濃度が低下する恐れがある。健康食品やハーブとして販売されているセイヨウオトギリソウ(セント・ジョウーンズ・ワート)はこの蛋白を誘導するため、血中濃度が低下し、作用が減弱してしまう恐れがあります。本剤の添付文書や患者向け医薬品ガイドでは摂取を控えるよう記載があります。治療期間中は摂取しないほうがいいでしょう。

メーカー:中外製薬
相互作用:否定的

  • 本剤は主に薬物代謝酵素(チトクロームP-450)で代謝されますが、相互作用に関する注意喚起は関連する薬剤のみであり、食品に関しての情報はありません。

メーカー:アステラス製薬
相互作用:なし

メーカー:ノバルティス
相互作用:グレープフルーツジュースとセイヨウオトギリソウでは相互作用について摂取を控えるよう注意喚起あり。

  • 本剤は薬物代謝酵素(チトクロームP-450のCYP3A4)で代謝されます。通常この同じ代謝の薬剤同志を併用すると、分解が遅れて血中濃度が上昇し、作用が強く出てしまう恐れがあります。食品ではグレープフルーツジュース等に多く含まれていることから、本剤の添付文書や患者向け医薬品ガイドでは摂取を控えるよう記載があります。治療期間中は摂取しないほうがいいでしょう。
  • また、健康食品やハーブとして販売されているセイヨウオトギリソウ(セント・ジョウーンズ・ワート)は同じ分解酵素を増やすため、血中濃度が低下し、作用が減薬してしまう恐れがあります。本剤の添付文書や患者向け医薬品ガイドでは摂取を控えるよう記載があります。治療期間中は摂取しないほうがいいでしょう。

メーカー:ファイザー
相互作用:なし

メーカー:ノバルティス
相互作用:グレープフルーツジュースとセイヨウオトギリソウでは相互作用について摂取を控えるよう注意喚起あり。

  • 本剤は薬物代謝酵素(チトクロームP-450のCYP3A4)で代謝されます。通常この同じ代謝の薬剤同志を併用すると、分解が遅れて血中濃度が上昇し、作用が強く出てしまう恐れがあります。食品ではグレープフルーツジュース等に多く含まれていることから、本剤の添付文書や患者向け医薬品ガイドでは摂取を控えるよう記載があります。治療期間中は摂取しないほうがいいでしょう。
  • また、健康食品やハーブとして販売されているセイヨウオトギリソウ(セント・ジョウーンズ・ワート)は同じ分解酵素を増やすため、血中濃度が低下し、作用が減薬してしまう恐れがあります。本剤の添付文書や患者向け医薬品ガイドでは摂取を控えるよう記載があります。治療期間中は摂取しないほうがいいでしょう。

メーカー:中外製薬
相互作用:なし

メーカー:アストラゼネカ
相互作用:セイヨウオトギリソウでは相互作用について摂取を控えるよう注意喚起あり。

  • 本剤は薬物代謝酵素(チトクロームP-450のCYP3A4)で代謝されます。健康食品やハーブとして販売されているセイヨウオトギリソウ(セント・ジョウーンズ・ワート)は同じ分解酵素を増やすため、血中濃度が低下し、作用が減薬してしまう恐れがあります。本剤の添付文書や患者向け医薬品ガイドでは摂取を控えるよう記載があります。治療期間中は摂取しないほうがいいでしょう。
  • これと逆の作用のあるグレープフルーツジュース等も通常、分解が遅れて血中濃度が上昇し作用が強く出てしまう恐れがあり、摂取を控えるようにも記載されているのですが、この薬剤ではグレープフルーツジュース等に関しての注意喚起はありません。

メーカー:中外製薬
相互作用:なし

メーカー:アストラゼネカ
相互作用:グレープフルーツジュースとセイヨウオトギリソウでは相互作用について摂取を控えるよう注意喚起あり。

  • 本剤は薬物代謝酵素(チトクロームP-450のCYP3A4)で代謝されます。通常この同じ代謝の薬剤同志を併用すると、分解が遅れて血中濃度が上昇し、作用が強く出てしまう恐れがあります。食品ではグレープフルーツジュース等に多く含まれていることから、本剤の添付文書や患者向け医薬品ガイドでは摂取を控えるよう記載があります。治療期間中は摂取しないほうがいいでしょう。
  • また、健康食品やハーブとして販売されているセイヨウオトギリソウ(セント・ジョウーンズ・ワート)は同じ分解酵素を増やすため、血中濃度が低下し、作用が減薬してしまう恐れがあります。本剤の添付文書や患者向け医薬品ガイドでは摂取を控えるよう記載があります。治療期間中は摂取しないほうがいいでしょう。

メーカー:アストラゼネカ
相互作用:否定的

  • 本剤は主に薬物代謝酵素(チトクロームP-450 CYP3A4他)で代謝され、これにより代謝される薬剤同志の併用でその作用が増強される注意喚起があります。しかし、食品との相互作用に関する情報はありません。

メーカー:日本化薬
相互作用:否定的

  • 本剤は主に薬物代謝酵素(チトクロームP-450)で代謝されますが、相互作用に関する注意喚起は関連する薬剤のみであり、食品に関しての情報はありません。

メーカー:アストラゼネカ
相互作用:否定的

  • 本剤は主に薬物代謝酵素(チトクロームP-450 CYP3A4)で代謝され、これにより代謝される薬剤同志の併用でその作用が増強される注意喚起があります。しかし、海外臨床試験ではこれに該当する薬剤に関し影響が認められていません。実際の服用時には相互作用の可能性は低いと考えられ、食品との相互作用に関する注意喚起もありません。

メーカー:ブリストルマイヤーズ
相互作用:なし

メーカー:ノバルティス
相互作用:否定的

  • 本剤は主に薬物代謝酵素(チトクロームP-450 CYP3A4他)で代謝され、これにより代謝される薬剤同志の併用でその作用が増強される注意喚起があります。しかし、食品との相互作用に関する情報はありません。

メーカー:セルジーン
相互作用:なし

食品と医薬品の関係
薬と食品の相互作用について
相互作用とその注意
服薬時に注意すべき食品